オーダーメイドの結婚指輪・婚約指輪なら【ジュエリーかまた】

  1. >
  2. >
  3. >

婚約指輪はいつ付ける?結婚後は?

公開日:
カテゴリー: ,


男性から女性にプロポーズをした際に贈られる婚約指輪。二人の愛の証ともいえます。

大切な指輪を眺めているだけで女性の皆様は嬉しい気持ちになると思います。ただ、この婚約指輪をいつ付けたらいいのか、いつまで付けておくべきなのか。また結婚後はどうしているのか。意外と知られておらず迷ってしまう女性が多いようです。

今回はそんな婚約指輪の使用するシーンに合わせた付け方、結婚後の活用法など、女性の皆様が気になる情報をまとめてお伝えしていきます。是非参考にしてください。
pixta_19887311_M

目次

  1. そもそも婚約指輪を付ける意味
  2. プロポーズ~結婚まで
    1. 結納してからの方がいいの?
    2. ずっと付けていていいの?
    3. 職場で付ける?
  3. 結婚してから
    1. 結婚指輪と重ね付け
    2. 特別な日に

そもそも婚約指輪を付ける意味

婚約は結婚の約束をすることです。つまりお互いが夫婦になり生涯を一生共にすることを誓い合うのですが、そのことを証明するものとして、指輪が用いられているのです。二人の愛し合う想いの象徴ともいえます。

そんな婚約指輪ですが、日本に文化として取り入れられるまでにはそれなりの歴史があります。また、多くの方が婚約指輪はダイヤモンドの指輪を選ぶ事が多いです。それにも実は理由がありました。婚約指輪の歴史とはどういうものなのでしょうか。

婚約指輪の始まりは古代ローマ時代だと史実ではいわれています。当時の結婚の背景には本人同士の気持ちや愛情より、家同士の利益関係や子孫繁栄を目的として行われることが多く、身分やお金を重視していました。つまり婚約をした証として指輪が贈られていたのです。

また、はじめの婚約指輪は今のように宝石が使われていたのではなく、材質は鉄でデザインも非常にシンプルなものだったそうです。そして、2世紀頃に金を使った指輪がでてきました。そして、芸術を愛する中性ヨーロッパ時代に入り、貴金属をほどこした指輪がでてきました。ただ、当時はダイヤモンドではなく、ルビーなどの宝石が主流で作られていました。

この時代の宝石の細工技術が進歩し、ダイヤモンドが使われるようになりました。ルネッサンス期の華やかな時代の風潮を感じさせます。初めてダイヤモンドを使った婚約指輪を贈ったのは、オーストリアのマクシミリアン大公です。

こうして王族の中心にダイヤモンドを使った指輪が贈られるようになりましたが、庶民にはまだまだ手の届くようなものではありませんでした。一般家庭に普及したのは19世紀頃だと考えられています。

日本に婚約指輪が広がってきたのは1960年頃。この頃はまだ、ダイヤモンドの指輪を贈る人はごく僅か。ほとんどの人は真珠や誕生石などを使った婚約指輪を結納品と一緒に贈っていました。

そんな中1970年に「デ・ビアス社」のキャンペーンCMが流れ一気にダイヤモンドの婚約指輪が広まりました。そのCMが「婚約指輪は給料の3カ月分」というキャッチフレーズと共にさまざまな男女が出てくるものです。当時の人たちにはとてもインパクトの強いCMだったのでしょう。今でも婚約指輪は「給料の3カ月分」という印象を持っている人は少なくはないと思います。

そもそもなぜ婚約指輪はダイヤモンドなのでしょうか。始まりはドイツのある博士が「ダイヤモンドの固さは生涯を誓い合う二人に不屈の愛を示すものとなる」とダイヤモンドを贈るよう進めたことによるものです。鉱石の中で最も固いと言われるダイヤモンド。その固さに「二人の絆」、そして透明度の高さに「ピュアな愛」という意味がこめられています。これから結婚を考える男女には最高にロマンチックな由来をもつのがダイヤモンドなのです。

始まりは、女性をお金で買う証のものでしたが、時代を経て愛の証へと変わっていった婚約指輪。指にはめて、二人にとってかけがえのない大切な想いが込められていることを感じてみてください。

プロポーズ~結婚まで

婚約指輪は婚約した日から結婚するまで付けるものとして、広く認識されています。男性から女性へ待ちに待ったプロポーズ。婚約指輪はプロポーズのとき、もしくはプロポーズを受けた後に贈られます。

男性が「結婚してください」とサプライズで先に指輪を用意してくれていて、まるでTVや漫画で見たような指輪の渡し方もありますが、日本ではプロポーズを受けた後にカップルで一緒に指輪を選ぶ事が増えてきています。婚約をしてから結婚するまでの期間は平均で1年間ほど。いざ婚約指輪をもらったら、結婚するまでの間どのようにしているのでしょうか。

結納してからの方がいいの?

婚約指輪はもらったその日からすぐに付けていいものです。結納より先に付けていいのか迷う方もいると思いますが、結納を待たないで付けていても問題ありません。また、慣習や礼儀を損なうことはありませんのでご安心ください。

ただ、婚約指輪をもらったのであれば、結納に指輪があった方がよいでしょう。今は結納の形もさまざまなので、その場に指輪がなくても気にしない家庭も多く、結納の場で婚約指輪をはめている女性もいます。そういった場合は結納品の目録の中に記載するようにしましょう。

また、婚約指輪は結納品の一つである結美和(ゆびわ)として用意する場合もあります。これは縁起のよい字をあてたものですが、婚約指輪の箱に水引きなどがある場合は、結納当日までそのままの状態で保管しておきましょう。そして、結納当日に両家の前で箱をあけ、指に婚約指輪をはめ披露する場合もあります。どちらにせよ、結納前に婚約指輪をどうするか、指輪をもらった時に決めておくといいと思います。

ただ、婚約指輪ができあがるまでには時間がかかります。婚約指輪には基本既製品はありません。ダイヤモンド、枠、デザインと選ぶ人の好みによってパターンが無数にあるためです。遅くても結納には間に合うように予め考えて用意しておきましょう。

一般的にフルオーダー(一から全てオリジナルで作る指輪。こだわりたい方向け)で3カ月、セミオーダー(既存のリングにアレンジを加えて気軽に作れるリング。セミでも多彩なアレンジが楽しめます)で2カ月くらいの期間が注文してからかかります。「結納当日までに用意ができなっかた」というのはできれば避けたいですね。

大切な婚約指輪だからこそ、じっくりと考えて決めたいと思い、たくさんのお店を周り自分の理想の指輪を探し続けるものです。ましてや、女性にとっては婚約指輪(エンゲージリング)はたった一つしかない一生の宝物になるので、想い入れも違います。二人で指輪を探している時間も大切な思い出となっていくでしょう。ただ、指輪を選んだ先もあることを少し考えて選ぶのも重要だといえます。

ずっと付けていていいの?

キラキラと光る綺麗なダイヤモンド。見ているだけでうっとりしてしまう婚約指輪ですが、贈られてから、「普段から付けていてよいのか」と悩む女性もすくなくありません。まず、婚約指輪は上の章でもお話したように、もらった瞬間から付けていても問題ありません。そしてそのままずっと付けていていいものです。

ぜひ普段から付けてあげてください。「いつもの自分の服装と合わないかも……」と考えてしまう女性もいるかもしれませんが、ダイヤモンドの指輪は服装問わず、付けている女性を美しく見せてくれるので、普段からカジュアルな服装を好む方でも大丈夫です。むしろ、指輪がアクセントになってくれるでしょう。

また、普段はなかなか付けられない環境にいる女性もいるかと思います。そういう方はどこかに外出するときに付けてはいかがでしょうか。彼も、自分が贈った婚約指輪を付けてくれているのを見たら、とても嬉しく思うはずです。

また、彼とのデートではなくても、どこかに食事に行く時や、友だちとお買い物など、いつもとは少し違った場で指輪を付けてあげてください。外出というのは、やっぱりワクワクしてしまうのが女性です。いつもより少しおしゃれをして出かけたくなるはずです。

そんなときに婚約指輪をはめると、より特別な日を感じられます。普段、仕事先の規制などがあって、付けられない人にはおすすめです。

せっかくもらったのだから、普段から付けていたい。と思う女性の方は、婚約指輪を購入する際に普段使いしても、違和感のないデザインを選ぶようにしてください。婚約指輪にもさまざまなデザインがあります。

普段使いもできるようにしたいのなら、「エタニティ」タイプがオススメです。エタニティリングは、同じサイズのダイヤを同じサイズにカットし、リングに並べたタイプのデザインです。ぐるっとリングに1周ダイヤが付いているいるタイプと半分まで石を並べたタイプのハーフエタニティがあります。

このデザインは同じ石が同じ様に並んでいることから、終わりのない「永遠の愛」を意味しています。とっても素敵な思いが込められていて、派手すぎることなく、でも華やかさはあるので、どんなシーンでも使用しやすい婚約指輪になっています。

このようにデザインによって見せる印象がまったく違う婚約指輪。上記の「エタニティ」以外にも、「ソリティア」や「メレ」などのデザインがあります。王道の婚約指輪のデザインが好きなら「ソリティア」がおすすめ。これは石を一つだけセットしたタイプのリングです。「メレ」はメインに石の横に小粒ダイヤを添えたデザインで、メインのダイヤをよりひきたててくれます。

さまざまなデザインがある婚約指輪。選ぶ際には何度も指にはめてみることをおすすめします。実際に気になるデザインと自分に似合うデザインが異なる場合があるためです。

普段でも使えるようにと、あまり派手すぎないデザインを探していても、いざ指にはめると、王道の婚約指輪が似合う。といった真逆のこともよくあることです。ずっと付けていられるように考えるのも大切ですが、自分に一番似合う、心がときめく婚約指輪を選んであげてください。

その結果「エタニティ」タイプが似合うのであれば、ずっと付けていていられますし、そうではなくても、お出かけのときに付ける特別な指輪にしてあげればよいのです。

職場で付ける?

普段から付けていても問題ない婚約指輪ですが、仕事場ではどうでしょうか。これは働く環境によります。日本の企業は装飾品を付けるときは派手すぎないものに限るか
、結婚指輪以外は禁止としている企業も多いようです。

また、介護職や医療関係、子供と接する職業ではまず付けられません。また、同じ接客業でもアパレル関係は装飾品を付けて着こなしをするのも仕事のうちなので、婚約指輪を付けていても大丈夫なお店は多いかもしれません。
コンビニや飲食店などは付けられません。社則などで禁止されていなくても、派手な装飾品と見られやすい婚約指輪はあまり受け入れてもらえないのが現状です。

ただ、禁止されていなければ付けていても問題ありません。職場の雰囲気や男性が多いのか、女性が多いのか、年配の方が多いのか、社内だけのデスクワークが主か
、お客様を向かい入れることもあるのかなど、職場によってさまざまだと思います。働いている自分自身が一番分かっていると思うので、職場においての婚約指輪はよく考えて付けましょう。

「もったいないから気にせず付ける」という方も、もちろんいらっしゃると思いますが、間違いではありません。ですが、職場にはさまざまな考えを持った方がいるので、自分の考えだけで付けてしまうのはおすすめできません。

あくまでも、仕事をこなす場としているのが職場ですので、反感を買ってしまう場合では、せっかくの婚約指輪も意味をなさなくなってしまいます。愛や幸せの象徴の婚約指輪。付けている本人が指輪のせいで、周りの雰囲気が良くない状況になってしまっては本末転倒です。

職場にも付けて行きたいと思う女性は多くいると思います。まずは、仕事が始まるまでの間に付け、業務が始まったら外す。また、帰るときに付ける。といった工夫をして、職場の婚約指輪に対する考え方や雰囲気を見てみてください。1回1回、外しているのをみて、周りから「付けていてもいいのに」と声をかけてもらえるかもしれません。

そういうことがなくても、仕事の行き帰りだけでも付けていれば、付けていなくてもったいないと思うことはありません。また、付けたり外したりすることで、仕事とプライベートをしっかり分けることもできるので、業務にもメリハリを出せるかもしれません。他にも、昼休みのときだけ付けてみるなどの方法もあります。自分にはどのようにして付けるのが一番適しているのか考えてみてください。

結婚してから

婚約指輪は婚約期間中に付けいているのが一般的ですが、実際に結婚した後に付けていてもかまいません。ただ、タンスや引き出しの奥にしまってしまい、そのままにしている方も多くいます。

普段から付けない理由として「高価だから」「家事などをしていて傷をつけたくない」などの意見が多いようです。

もし、汚れなどを気にして使えないのであれば、クリーニングという方法もあります。
購入したお店でクリーニングしてくれる場合もありますし、ご自宅でセルフクリーニングができるよう、ダイヤモンド専用のクリーニングキットなども販売されています。日常的に使う方は、しっかりメンテナンスしてあげることで、美しいまま長く婚約指輪を付けることができます。

結婚指輪と重ね付け

昔は、「婚約指輪は婚約期間中だけ付ける」と考えられていましたが、今は結婚後も付けている人が増えてきています。結婚指輪と重ねて付けている姿はとっても華やかで素敵です。お店でも、最初から重ね付けできるようなデザインを展開しているものもたくさんあります。

また、同じブランドのものではなくても、形を合わせたり、色を合わせたりすることで、違和感なく指輪を重ね付けすることができます。結婚指輪を購入する際に婚約指輪を持って行き、重ね付けできるかを試してみるのもよいでしょう。

重ね付けするときに気を付けるのは、付ける順番です。結婚指輪は内側に付け、婚約指輪は外側に付けます。これは婚約指輪で結婚指輪を包み込み結婚を守る意味があるそうです。意味が分かっていれば付ける順番を間違えてしまうことや、忘れてしまうようなことはなくなるでしょう。

また、結婚するまでの間、婚約指輪は左手の薬指に付けておきます。結婚式当日は結婚指輪のために左手の薬指をあけておかなければいけないので、右手の薬指にはめます。指輪交換した後に、右手の薬指から左手の薬指にはめ直し、重ね付けしておくのが正解ですので、ぜひ覚えておいてください。

重ね付けするために、またデザインや形で指輪選びに悩んでしまうかもしれませんが、結婚指輪は日常的に付けられるよう、シンプルなデザインのものが多いと思います。ですので、婚約指輪と重ね付けて、おかしな組み合わせになることはほとんどありません。

重ね付けを気にしないで購入してしまった方も安心して指輪を使ってあげてください。デザインの事など気にしていなかったとしても、選ぶときには、あなたにぴったりなものを選んでいるはずです。きっと重ね付けをしてみると思った以上に似合っていて、お互いの指輪をより素敵に見せてくれるはずです。

特別な日に

日常的に婚約指輪を付けるのが難しい人は、特別な日に付けてあげましょう。分かりやすいのが親戚や友人の結婚式ではないでしょうか。結婚式に参加される場合は結婚指輪と婚約指輪を重ねて付けるのが正装になります。お祝いの席ではの正しいマナーですが、あまり知られていません。

そして、結婚式だけではなく、お葬式などの時も婚約指輪は付けていても大丈夫なのです。もし、石が大きくて気になるようなら、さりげなく手で隠せばよいでしょう。冠婚葬祭のときこそ婚約指輪の出番といえます。

特別な日ではなくても、家庭内のイベントのときに付けてみるのもいいと思います。クリスマスやお互いの誕生日、結婚記念日などには是非付けてみてください。あえて付ける日を作るのも素敵かもしれません。

夫婦円満に過ごせるよう1カ月~2カ月に1度くらい食事に行くなど二人の時間を作り、婚約指輪を付けてでかけましょう。男性は自分が贈った指輪を付けてくれていると、何年たっても嬉しいと感じる人がほとんどのようです。

このように婚約指輪は、結婚後でもさまざまなシーンで活用することができます。タンスの中に眠らせるのはもったいありません。ぜひ、特別な日こそ特別な指輪を。より非日常感を味わえますよ。

まとめ

ここまで、婚約指輪の歴史に始まり、さまざまなシーンで婚約指輪を使えることをお話してきました。指輪は付けてこそ価値があるのです。閉まったままではなく、たまにでもいいので、付けてあげましょう。

そして指輪を見るたびにプロポーズされた日を思い出してみてください。幸せな思い出がよみがえり、相手の大切さや暖かさを感じられるのではないでしょうか。そして、優しい気持ちで贈ってくれた相手に接することができるはずです。

婚約指輪は、お互いを永遠に愛する誓いなのです。指輪を付けているあなたをより幸せにしてくれるでしょう。



関連記事

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >