GLOSSARY
  1. Top>
  2. ブライダルジュエリー用語集>
  3. 素材>
  4. Pt999

Pt999 (ぴーてぃーきゅうひゃくきゅうじゅうきゅう)


Pt999の意味

Pt999とはジュエリーに使用されているプラチナの純度を示す単位の一つです。
プラチナの中でも、純度がもっとも高いもののことを指します。
プラチナの純度は千分率(パーミル:‰)で表記され、例えば、純度85%のプラチナは千分率で表すと850‰となり、Pt850と表記します。
Pt999は、純度が99.9%以上と、限りなく100%に近いものであることを表しています。

一般的に流通しているプラチナジュエリーには、Pt999の他に、おもにPt900Pt950などがあります。

Pt1000とは何がちがう?

Pt999とPt1000はまったく同じものであり、どちらも最高純度のプラチナのことを指します。
ですが、純度が100%のプラチナは化学的・理論的に存在しません。
そのため、平成24年4月以降、貴金属合金の品位を定める国際標準規格において、純金属の表示を「999」とすることが造幣局によって定められました。
昔からの慣習で「Pt1000」という表記がまだ使われていることもありますが、現在は、厳密には正しくない表記となっています。

参考:独立行政法人 造幣局|貴金属製品の品位区分と証明記号
http://www.mint.go.jp/operations/exam/operations_certification-02.html

純プラチナは、金属としては非常に軟らかい性質を持ちます。そのままジュエリーに使用するには適していないため、割り金と呼ばれる他の金属を混ぜる方法を取ります。

Pt999の性質とは

Pt999は非常に軟らかいため、ジュエリーにはあまり向かない素材です。
ちょっとでも力が加わったり、ぶつけたりするだけで傷が付きやすくなります。色味もプラチナ特有の黒みが強く出るため、地味な印象となります。
一部のジュエリーでは硬化処理を施し、耐久性を高めているものもありますが、その場合、製造法によっては熱を加えることができなくなるなど、修理が非常に難しくなってしまいます。
ジュエリーとしては、結婚指輪において、高純度のプラチナが「純粋な愛」を表現するという意味合いで選ばれるケースもあります。
しかし、やはり上記のようなデメリットも多いことは覚えておきましょう。

ジュエリーかまたでは、Pt900、Pt950のみのお取り扱いとなっております。ご了承くださいませ。


CATEGORYカテゴリから探す

FREE WORDフリーワード検索

フリーワード検索

キーワードを入力し用語検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。

How may We help you? CONTACT US

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから