GLOSSARY
  1. Top>
  2. ブライダルジュエリー用語集>
  3. デザイン>
  4. 挟み留め

挟み留め (はさみどめ)


挟み留めとは何?

リングの側面やアーム(腕)部分に切り込みを入れて、そこに石を挟んだ留め方です。

地金の弾力を利用して、左右両側から石を挟む「テンションセッティング」という留め方も挟み留めといわれることがありますが、挟み留めには石を乗せる石座というものがあるので、厳密には異なる種類に分類されることが多いです。

石の留め方は?

ラウンドブリリアントカットされた、ガードルと呼ばれる石の一番大きな横幅に合わせて指輪の腕に溝を作り、その溝に石を挟んで留めます。指輪の横から石を眺めることができるため、石に差し込む光で輝きを楽しむことができます。
また、地金の切り込み部分に装飾を入れてメレダイヤを留めるデザインもあります。

このようなデザインは非常に華やかな作りになるため、婚約指輪や記念日の贈り物として人気を集めています。

挟み留めの指輪が似合うシーン

日常使いは?

日常的につけて石の美しさを楽しむことをお勧めします。

ただ、指輪をつけ慣れないと、きらびやかな石の輝きが気になってしまう人も少なくありません。まずは指輪をつけた状態に慣れるため、自宅で過ごすときにつけておくとよいでしょう。日常的に指輪の美しさを楽しむための一つの方法です。

使用上の注意点は?

指輪の腕に衝撃が加わると石が緩んで外れる可能性があるため、取り扱いには注意が必要です。

石の引っ掛かりの部分は側面から直接衝撃が加わることがあるため、特に注意が必要です。

つける指は?

豪華な印象を与えるデザインが多いため、日常的につけるのであれば薬指をお勧めします。さり気ない美しさを演出できますし、他の指に比べて物に当たりづらいため、衝撃を加えることを防ぎやすいです。

華やかさを強調したいときは、中指や人差し指につけると効果的です。

洋服とのコーディネートは?

指輪のデザインが比較的シンプルであればカジュアルな服装にも合わせやすいですが、華やかなデザインであれば、エレガントな服を合わせると挟み留めが持つ華やかさも生かされ、高級感を演出できます。

挟み留めのお手入れ

クリーニングのやり方は?

石座部分に汚れが溜まることがあります。水に浸けても差し支えない石が留められていれば、自宅でも手入れが可能です。
洗面器などに水をためて台所用洗剤を1~2滴入れ、その中に指輪を入れます。その中にしばらく浸けておくだけで汚れが浮き出します。その後は流水で洗剤をきれいに洗い流し、柔らかい布で水分をしっかりと拭き取り、専用のジュエリークロスで地金や石を優しく磨くと、輝きを維持できます。

石が外れることを防ぐためには?

指で軽く石に触れ、石の固定状態を確認することをお勧めします。緩みがなく、しっかり固定されていれば、そのまま保管しましょう。

挟み留めの修理

サイズ直しは大丈夫?

基本的にサイズ直しはできますが、一度指輪の腕を切るため、地金に衝撃が加わり固定されている石が緩みやすくなることがあります。デザインによっては石が外れる可能性があるため、加工できない場合もあります。

加工料はかかりますが、指輪からネックレスへリフォームする方法もあるため、まずは購入店または加工の職人さんに相談することをお勧めします。

リフォームをする場合には?

今ある指輪に留められている石を全部外して、ネックレスや他のデザインの指輪、イヤリングなどにリフォームできます。

その際は今の指輪の地金を下取りして、リフォーム料金から引くケースが多いです。

石が外れた場合は?

外れた石が残っていれば、それを再度利用して石留めすることができます。紛失した場合は、紛失した石と同程度のものを探して代用することが可能です。
ただ、紛失した石がカラーストーンである場合は、同じ印象や色合いのものを見つけるのは難しいので、時間がかかってしまうこともあります。


CATEGORYカテゴリから探す

FREE WORDフリーワード検索

フリーワード検索

キーワードを入力し用語検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。

How may We help you? CONTACT US

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから