GLOSSARY
  1. Top>
  2. ブライダルジュエリー用語集>
  3. リング>
  4. 指輪・リングの形(リングフォルム)

指輪・リングの形(リングフォルム) (ゆびわ・りんぐのかたち)


どのリングが指に合う?フォルムから選ぶ婚約・結婚指輪

指の太さや長さによって、似合うリングは異なります。大きく影響するのは、指を通すリングの輪の部分。「ストレート」「S字」「V字」「X字」などの種類があります。

指輪・リングの形(リングフォルム)主な種類

ストレート
リングのラインが真っ直ぐで、最もシンプルなデザインです。指がふくらんでいるように見せる視覚効果を持っているため、指が細すぎてリングが浮いて見えるという女性に人気です。幅広のリングは、力強い印象で存在感もあるので男性向け。女性の場合は、リング幅が広すぎるとバランスが崩れてしまうので、細身のものが似合います。
伝統的な婚約・結婚指輪の定番として一番人気のある形です。

S字・ウェーブ
緩やかなウェーブが特徴的なデザインです。アームが柔らかい曲線を描き、石座がある指輪のトップに向けてアルファベットのSの字の様に流れています。
指なじみが良く、指をスッキリ見せる効果があるので、指は長いけどゴツゴツしている、指が太いという人にぴったり。はっきりとカーブを描いたS字ラインなら、指を長く見せることもできます。細い指だと逆に太く見えてしまうこともありますが、その場合はリング幅が広いものを選ぶと、指とリングのバランスが良くなります。

V字
手の甲に向かってV字型をしているデザインで、指元の印象をスタイリッシュにできます。V字の深さや太さにより印象が変わります。
指をすらっと細長く見せたい人には、このデザインが人気。中心が下がっていることにより縦のラインが強調され、指を長く細く見せます。V字の中心に宝石が置かれているデザインであれば、さらに効果がアップ。視線が宝石に集中するので、よりシャープな印象を与えられます。

X字
2本のリングをクロスさせたデザインです。上品なイメージを演出します。
ボリューム感を出すことができるので、指が華奢な人によく選ばれています。

指によって似合う形とそうでない形がありますが、リング幅の広さを調節することによって印象を変えることもできます。


CATEGORYカテゴリから探す

FREE WORDフリーワード検索

フリーワード検索

キーワードを入力し用語検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。

How may We help you? CONTACT US

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから