GLOSSARY
  1. Top>
  2. ブライダルジュエリー用語集>
  3. リング>
  4. 平甲丸

平甲丸 (ひらこうまる)


平甲丸とは

指輪の形状の1つで、指輪の外側が緩やかな平面になっています。
フォルムの丸みが少なく、フラットな印象を与えます。
甲丸と平打ちの中間のような形状で、指輪の外側は甲丸ほど丸みがなく、平打ちよりは丸みがあります。
結婚指輪では甲丸・平打ちと合わせて定番のデザインの1つです。
しっかりとした存在感がありながら、柔らかな印象も感じさせます。
そのため、甲丸の丸みが何だか似合わない、または平打ちだと指なじみが気になる、という方は平甲丸を試してみてはいかがでしょうか。

平甲丸の着け心地

指輪は着け心地がとても大切です。
どんなに気に入ったデザインでも、着けていると違和感があったり、指輪をはめていて痛かったりすると、長く愛用することができなくなってしまいます。
甲丸や内甲丸の形状は、比較的指なじみが良いとされていますが、指輪の厚さや幅で指なじみは変わります。
指輪の着け心地の判断は、指にはめた時に金属が吸いつくような感覚があるかどうかによります。
さまざまなタイプの指輪を試着してみると、その感覚がつかめるでしょう。

アレンジの幅が広い

指輪をオーダーする場合、さまざまなアレンジを入れることができます。
平甲丸はある程度の幅があり、アレンジもしやすいタイプの指輪です。

平甲丸の指輪アレンジの種類

表面加工
金属の表面を加工するアレンジです。例えば、金属の表面を磨いて鏡のよう仕上げる「鏡面仕上げ」や、金属の表面のつやを消してマットに仕上げる「つや消し」などがあります。

ミルグレイン
ミルグレイン(ミル打ち)とは、指輪の縁などに小さな玉を連続して打ち込む加工方法です。とても繊細な作業であるため、熟練の技術が必要です。シンプルな平甲丸の指輪に映える加工の1つです。

彫り留め
メレダイヤなどの宝石を、指輪の輪の部分に埋め込む定番アレンジです。婚約指輪ではメインの宝石の周りに埋め込んで引き立て役になったり、結婚指輪ではアクセントとして埋め込んで、さりげないおしゃれを演出したりできます。豊富なデザインを楽しむことができるアレンジです。

裏石
指輪の裏側に宝石を埋め込むアレンジで、指輪を外したときに見えます。着けた状態では見えないことから、夫婦でおそろいの宝石を入れたりして楽しむことができます。

彫刻
指輪に彫刻をするデザインです。指輪の表面に模様をあしらったり、指輪の裏側に文字などを彫ったりするアレンジが人気です。

指輪のアレンジを楽しんで

平甲丸は幅を調整しやすい指輪です。シンプルさを重視して幅を狭めることもできますし、幅を広くとってアレンジを楽しむこともできます。
  


CATEGORYカテゴリから探す

FREE WORDフリーワード検索

フリーワード検索

キーワードを入力し用語検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。

How may We help you? CONTACT US

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから