GLOSSARY
  1. Top>
  2. ブライダルジュエリー用語集>
  3. デザイン>
  4. 平打ち

平打ち (ひらうち)


平打ちとは

指輪のアーム(腕)の形状の一種です。指輪の断面を見てみると、長方形に近い形をしています。外側は平面ですが、指が痛くならないように面取りをして、優しくフィットするように仕上げています。四角い角が軽く削ってあるので、着け心地が良くなっています。表面が平らで、ボリューム感があります。ずっしりとした存在感で、結婚指輪としても人気のあるフォルムです。

平打ちの特徴

シンプルで飽きがこない

平打ちは、オーソドックスで人気のある指輪のフォルムです。結婚指輪の定番デザインとして人気があり、シンプルな形状は日常使いに適しています。存在感もあるので、さりげないおしゃれのポイントとして長く使用できるデザインです。

個性的なデザインが楽しめる

表面がフラットで、ある程度の幅があるのでメレダイヤを並べて配置するエタニティリングに適しています。結婚指輪に一粒ダイヤモンドを配置するデザインも人気です。他にも、モチーフや彫刻を施したり、表面に艶消しやヘアライン加工を施したりすることも可能です。幅を広くすることで、ボリューム感のある指輪としても楽しめます。シャープで洗練された印象を与えます。


CATEGORYカテゴリから探す

FREE WORDフリーワード検索

フリーワード検索

キーワードを入力し用語検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。

How may We help you? CONTACT US

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから