GLOSSARY
  1. 結婚指輪・婚約指輪「ジュエリーかまた」>
  2. ブライダルジュエリー用語集>
  3. デザイン>
  4. 幅広

幅広 (はばひろ)


幅広とは

幅が広いデザインの指輪を指します。一般的な結婚指輪の幅は2mmから3mmほどといわれていますが、他にも4mmから8mmほどのものもあり、幅の違いで雰囲気も大きく変わってきます。幅が広いほど存在感があり、手元で個性を表現することができます。表面が広いのでモチーフや彫刻を施したり、大きさの異なる宝石をいくつかセッティングするなど、多彩なデザインが楽しめます。

幅広の特徴

存在感のあるデザイン

面積が広い分ボリューム感があり、地金の重量感を感じることができます。指にしっかりフィットし、指輪をはめている実感が強く感じられるのも特徴です。また、男性の結婚指輪は3mmから4mmが一般的といわれています。男性の指輪としても違和感のないフォルムです。

指をスッキリ見せる効果

指輪そのものにボリュームがあるので、はめた指がスッキリと長く見えます。関節が太い指につけると、存在感のあるデザインに目が行くので、関節から視線をそらせます。幅広タイプは、つける指によって印象が変わります。細い指につけると、華奢なイメージがより強調できエレガントな印象を与えます。また5本の指の中で一番長く存在感のある中指につけると、アクティブなイメージを演出できます。

豊富なデザイン

幅の広さを利用して、サイズや色の異なる宝石セッティングしたり、ミル打ちなどの彫刻を施したりといったさまざまなデザインが楽しめます。つや消し加工も可能で、個性的なアレンジをしたい場合に向いています。


CATEGORYカテゴリから探す

FREE WORDフリーワード検索

フリーワード検索

キーワードを入力し用語検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。

How may We help you? CONTACT US

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから