GLOSSARY
  1. Top>
  2. ブライダルジュエリー用語集>
  3. カッティング>
  4. 宝石のカット(カッティング)

宝石のカット(カッティング) (ほうせきのかっと(かってぃんぐ))


宝石を輝かせるカットカッティング)の種類

どんな宝石でも、産出された時点でキラキラと光り輝くことはありません。
ダイヤモンドの原石」という比喩があるように、どの宝石も磨く(研磨する)ことによって輝きを放ちます。
宝石の価値はカット(カッティング)によって決まると言っても過言ではないくらい、重要な要素になります。
原石の形状や宝石の性質によって、カットの方法も様々で、リングのデザインにも大きな影響を与えます。

宝石のカットは、大きく分けるとファセットカットとカボションカットの2種類ですが、さらに細分化することができます。

ファセットカット

ファセットカットは、宝石の表面をいくつもの小さな幾何学的な面に切るカット方法です。ファセットは英語で「切子面」を意味し、その名の通り面が切子になります。光の反射と屈折を利用して宝石の美しさを引き出すカットのため、ダイヤモンドをはじめとする光をよく通す、透明な宝石に対して特に効果的な手法です。

ファセットカットは、ブリリアントカット、ステップカット、ミックスカットの3種類に分けられます。

ブリリアントカット
ブリリアントカットは、ダイモンドのカット方法としても最も人気で、アイデアカットとも呼ばれています。光の全反射と分散の点が計算され、宝石の持つ透明度と輝きが最も美しく現れるように切られています。1919年に、数学者でもあった宝石職人のマルセル・トルコフスキーによって理論が見い出され、実現されました。

ブリリアントカットには、ダイヤモンドのカット方法として定番のラウンド・ブリリアントカットや、真上から見た形が正四角なるオールドマイン・ブリリアントカット、ハート型にカットされたハート・シェイプカットなどがあります。

ステップカット
ステップカットは、ファセットを階段状に配置したカット方法です。上から見ると正方形もしくは長方形で、そのアウトラインに沿ってファセットカットが施されます。輝きではなく、面を大きく見せるカットのため、エメラルドなどの色が鮮やかな宝石に用いるのが一般的。八角形はエメラルドカット、四角形はスクウェアステップカット、棒状に切る場合はバゲットカットなど、角の数や形によってカットの名称は異なります。

ミックスカット
ミックスカットとは、ブリリアントカットとステップカットを組み合わせたカット方法です。ミックスカットは、ブリリアントカットの視覚的な輝きと、ステップカットの色鮮やかさを兼ね備えています。上部表面に十字模様が浮かび上がるバリオンカット、モザイク模様のようにカットされたプリンセスカットなどがあります。

カボションカット

カボションカットとは、ファセットカットとは異なり、宝石を丸く磨き上げるカッティング方法です。主に不透明なオパール、スターサファイアやターコイズなどの宝石に対して用いられます。表面だけがドーム形になるシングルカボションカットと、両面がドーム型になるダブルカボションカットなどがあります。


CATEGORYカテゴリから探す

FREE WORDフリーワード検索

フリーワード検索

キーワードを入力し用語検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。

How may We help you? CONTACT US

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから