GLOSSARY
  1. 結婚指輪・婚約指輪「ジュエリーかまた」>
  2. ブライダルジュエリー用語集>
  3. カッティング>
  4. ラウンド・ブリリアント・カット

ラウンド・ブリリアント・カット (らうんど・ぶりりあんと・かっと)


ラウンド・ブリリアント・カットとは

宝石の輝きを最大限に引き立てる、代表的なカットの形状です。主にダイヤモンドに用いられるカットの形状ですが、ダイヤモンド以外の宝石にも用いることもあります。 

ラウンド・ブリリアント・カットの歴史

ラウンド・ブリリアント・カットは、17世紀ごろにベネチアで原案が開発されたといわれています。
そして1919年に、イギリスの数学者マルセル・トルコウスキーが、58面体のカットを開発しました。
面の角度や形状を算出し、ダイヤモンドが最も美しく輝くよう設計したのです。
これがラウンド・ブリリアント・カットとして現在にも受け継がれています。

最も美しいとされるダイヤモンドシェイプ

ラウンド・ブリリアント・カットは計算に基づいて生み出されたカットです。
ダイヤモンドの上部から入った光が内側で反射し、再び上部から出ていくように58面体に設計されています。
ダイヤモンドの原石を半分ほど研磨するようなカットであり、ロスが大きいといえます。

ラウンド・ブリリアント・カットは婚約指輪のダイヤモンドの定番です。
これぞまさにダイヤモンドという形状や、ダイヤモンドの美しい輝きを求める方は、ラウンド・ブリリアント・カットを選んでみてはいかがでしょうか。

またブリリアント・カットには58面体の他にも、144面体や97面体などがあります。
面数で印象が違って見えるので、比較してみるのも面白いかもしれません。


CATEGORYカテゴリから探す

FREE WORDフリーワード検索

フリーワード検索

キーワードを入力し用語検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。

How may We help you? CONTACT US

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから