GLOSSARY
  1. Top>
  2. ブライダルジュエリー用語集>
  3. 素材>
  4. ホワイトゴールド

ホワイトゴールド (ほわいとごーるど)


ホワイトゴールドとは

ホワイトゴールドはどのようにして作られる?

ホワイトゴールドとは、金にほかの金属を加えた銀白色の合金です。割り金にはパラジウムなどが使用されます。割り金の組み合わせや割合によって、色合いや性質に変化が出ます。ただし、割り金を使用してもゴールド本来の金色が残りますので、コーティングを施し、表面を白っぽく見せることが一般的です。

ホワイトゴールドとプラチナの違いとは?

ホワイトゴールドは金をベースとした合金であり、プラチナ(白金・Pt900やPt950など)とは異なる金属です。ゴールドはプラチナよりも軽い金属です。ゴールドの割合が多いと、同じデザインのプラチナの指輪より、軽くすることができます。

ホワイトゴールドとアレルギー

ゴールド自体はアレルギーを起こしにくいといわれていますが、割り金がアレルゲンとなる可能性があります。ホワイトゴールドに使用されているパラジウムや銅は、金やプラチナよりアレルギーを起こしやすい金属です。

ホワイトゴールドのお手入れについて

ホワイトゴールドは、表面にコーティングを施すことで銀白色にしているため、長期間使用しているとはがれてしまうことがあります。はがれた部分は元のホワイトゴールドの黄色味が見えるため、きれいな銀白色を保つためにはジュエリーショップなどでサイドコーティングをしてもらいましょう。


CATEGORYカテゴリから探す

FREE WORDフリーワード検索

フリーワード検索

キーワードを入力し用語検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。

How may We help you? CONTACT US

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから