GLOSSARY
  1. Top>
  2. ブライダルジュエリー用語集>
  3. リング>
  4. テクスチャー

テクスチャー (てくすちゃー)


テクスチャーとは

テクスチャーとは「手触り」や「質感」という意味です。ジュエリー製作の場面では、表面処理のことを指します。素材の表面をたたいたり磨いたり、線や彫刻を入れる加工をすると、さまざまな質感が生まれます。こうすることで、素材が本来持っている光沢とは違った演出ができ、デザインの幅が広がります。
金属はそのままではシャープな印象があります。ですがテクスチャーを施すことにより、温かみが出て柔らかい印象になるものもあります。またファッション性も高くなり、指輪に個性を出すことが可能になるのです。

テクスチャーの種類

ミラー(鏡面)

地金の表面を鏡のようにピカピカに磨いて、つやを出します。金属に輝きと高級感を与える、定番の表面加工です。

ヘアラインサティーナ(サティーン)、筋目

金属の表面に、一定方向の線を入れたものです。繊細なきめ細かい線はヘアラインやサティーナと呼ばれ、太くはっきりしたものは筋目と呼ばれます。

スターリー

地金の表面に無数の凸凹を施し、星がキラキラ輝くように見えるデザインです。マットでありながら、微細な光沢のある加工です。

つや消し(マット)加工

金属の表面に無数の細かい傷を付けて曇らせ、つやを消します。梨の皮の質感に似ていることから、梨地(なしじ)とも呼ばれます。
表面に傷を付ける方法は、いくつかあります。まずサンドブラスト機という、粒子を吹き付ける機械を使う方法です。その他にも、専用のたがねで傷を付ける方法などがあります。

ホーニング

光沢を抑えるつや消し仕上げの一種です。金属の表面に細かい粒子を吹き付けて、マットな質感にします。

ヴィンテージ

ジュエリーが歳月を経たような外見にする仕上げです。「槌目(つちめ)」や「粒金(りゅうきん)」と呼ばれる加工は、ヴィンテージ仕上げの一種です。 

槌目

金属の表面を金づちで1回ずつ打ち、表面を多面にする加工です。それぞれの面が、あらゆる角度の光を反射させます。面の大きさやくぼみの深さを変えることで、さまざまな印象を楽しむことができます。

粒金(りゅうきん)

グラニュレーションとも呼ばれる伝統的な加工法です。小さくて丸い粒状の金属を、表面にろう付けして繊細な模様を作ります。外見が似たものに「ミル打ち」がありますが、加工方法は全く違います。ミル打ちは、たがねを使用して金属の粒を打ち込んでいく加工法です。

溶かし

指輪の型を作る段階で細工をして、指輪の表面をぐにゃりと溶けたような形状にする加工です。あえて型をゆがませることで、溶けたような形状の指輪を作ります。

岩肌、木肌

指輪の表面に、岩や木のようなガサガサとした模様を作る加工です。溶かし加工と同様に、指輪の型を作る途中に彫刻や粗い傷を入れる方法などがあります。

皮革

指輪の表面をヘビやワニの肌のように仕上げる加工です。型を作る段階で表面に線を入れたり、型を部分的に溶かしたりして、ヘビやワニの肌を表現します。


CATEGORYカテゴリから探す

FREE WORDフリーワード検索

フリーワード検索

キーワードを入力し用語検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。

How may We help you? CONTACT US

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから