GLOSSARY
  1. Top>
  2. ブライダルジュエリー用語集>
  3. 宝石>
  4. ダイヤモンド

ダイヤモンド (だいやもんど)


ダイヤモンドと4C

ダイヤモンドは硬く、傷が付きにくい宝石です。ダイヤモンドの宝石言葉には「清浄無垢」「純愛」「永遠の絆」などがあることから、「二人の愛が永続的に続きますように」という願いが込められ、結婚指輪に多く用いられるようになりました。また、希少価値が高いこと、輝きが美しいことも理由の1つです。

ダイヤモンドという名前は「何事にも屈しない」という意味のギリシャ語「Adamas」に由来すると考えられており、日本では金剛石とも呼びます。

ダイヤモンドは、カラット、カラー、クラリティ、カットの4つの観点から品質を見極めます。その4つの頭文字をとって、ダイヤモンドの評価基準は「4C」と呼ばれています。

カラット

カラットとは、ダイヤモンドの重さのことです。Ctで表され、1カラットは0.2グラム。重ければ重いほど価値が高くなります。

カラー

カラーとは文字通りダイヤモンドの色です。「D」~「Z」の23段階で評価され、無色透明はD、黄色味が強くなるほどZに近いアルファベットで表されます。無色透明なものほど価値が高くなります。

クラリティ

クラリティとは、透明度のことです。内部の状態が美しいか、表面に傷がないか、大きさはどうか、などを11段階で評価します。最も美しいものはFLと呼ばれます。FL、IF、VVS1、VVS2、VS1、VS2、SI1、SI2、I1、I2、I3の順でランクつけされます。

カット

カットは、ダイヤモンドの研磨の状態とその輝きを示しています。4Cの中で唯一人間の技術に左右される項目です。美しさの比率であるプロポーション、研磨の状態を表すポリッシュ、カット面の対称性の評価であるシンメトリーの3つの観点から評価します。最高品質の3EX(トリプルエクセレント)を筆頭に、Excellent(エクセレント)、Very Good(ベリーグット)、Good(グッド)、Fair(フェアー)、Poor(プワー)の5段階の評価があります。


CATEGORYカテゴリから探す

FREE WORDフリーワード検索

フリーワード検索

キーワードを入力し用語検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。

How may We help you? CONTACT US

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから