GLOSSARY
  1. Top>
  2. ブライダルジュエリー用語集>
  3. 素材>
  4. ステンレス

ステンレス (すてんれす)


ステンレスとは

ステンレスの性質とは

スレンレスは、鋼(わずかな炭素を含む鉄)にクロムなどの元素を加えた合金鋼です。
ジュエリーに使われるものはSUS316、SUS316Lなどがあります。
SUSとはSteel Use Stainlessの頭文字です。SUS316Lは一般にサージカルステンレスとも呼ばれ、時計にも使用されています。
サージカルステンレスはさびにくく、ゴールドプラチナよりも硬い素材です。
また、医療用の器具にも使用されるため「サージカル」という名称が広まっています。
色味は暗めのシルバーです。金属の酸化膜を用いる事により、様々な発色を生み出すこともできます。
きれいで目を引くのですが、すぐに表面が剥がれてしまいます。
そのほかの特徴には金属アレルギーの原因になる可能性が低いことがあります。そのため、医療用のメスにも使用されています。
サージカル(surgical=外科用の)と呼ばれるのはこのためです。ステンレスの価格は安価であることも長所です。
工業製品として有名なので、比較的量産品としてのイメージを持たれやすい金属です。
ジュエリーも少しずつ増えてはいますが、一般的になるまでには、まだもう少し時間がかかるかもしれません。

ステンレスのジュエリー

ステンレスは丈夫で安価であること、そして金属アレルギーになりにくいことがジュエリーでの使用に好まれる理由です。
ステンレスのジュエリーには、リング、ネックレス、ピアス、ブレスレットなどの種類があります。デザインはシンプルなものから宝石が使用されている豪華なものまであります。

ステンレスのお手入れ

ステンレスはさびにくい特徴があります。手入れは不要と思われがちですが、使用後は皮脂を拭き取ってください。
ステンレスがさびにくい理由は、ステンレスに含まれるクロムが表面に薄い膜を作り続け、ステンレスをコーティングしているからです。
しかし皮脂が付着することで腐食し、その結果さびを発生させてしまいます。そのため使用後はできるだけ、柔らかなクロスなどで汚れを拭き取ってください。

ステンレス指輪の修理やサイズ直しは?

非常に頑丈な特性のため、サイズ直しが出来ません。そのため、何十年と使い続ける結婚指輪には向いていません。
もし指がむくんで太くなり指輪が外れなくなったときは、宝飾店などにあるリングカッターで切断ができますが、危険を伴いますので日々注意して取り扱ってください。

※ステンレスは、ジュエリーかまたではお取り扱いを行っておりません。ご了承くださいませ。


CATEGORYカテゴリから探す

FREE WORDフリーワード検索

フリーワード検索

キーワードを入力し用語検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。

How may We help you? CONTACT US

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから