GLOSSARY
  1. Top>
  2. ブライダルジュエリー用語集>
  3. 宝石>
  4. サファイア

サファイア (さふぁいあ)


青色だけじゃないサファイアの特徴

サファイアは、9月の誕生石。誠実・慈愛・徳望・貞操などの石言葉を持ちます。ラテン語で「青」を意味する「sapphirus(サフィルス)」が語源です。日本語では、蒼玉・青玉と呼ぶこともあります。

サファイアは、その美しい青色から「大地のシンボル」「神に近い宝石」と呼ばれ、天と地に最も近い宝石と考えられていました。空が青いのは、サファイアの青色が映ったからだといわれたほどです。真実を突き止め、貞操を守る宝石として聖職者や僧侶、王族などにも身に着けられていました。

サファイアの特徴には「スター効果」というものがあります。スター効果とは、光を当てた際に宝石の中心から6本の線が見え、それが星型に光り輝く現象のことです。スター効果を持つサファイアは非常に希少価値があり、スター・サファイアと呼ばれています。また、ダイヤモンドの次に硬く、丈夫なので婚約・結婚指輪にも安心して使えます。

サファイアはコランダムという鉱石からできています。コランダムから成る宝石のうち、赤色のものをルビー、それ以外の色のものをサファイアと呼びます。そのため、「サファイア=青色の宝石」ではありません。

サファイアの色

一般的に、青色に近い色のものをブルーサファイア、それ以外のイエローやピンクなどのものをファンシーカラーサファイアといいます。ブルーサファイアも、産出地や色の違いにより「ロイヤルブルー」「コーンフラワーブルー」など細かく分けられています。

ブルーサファイア
「ロイヤルブルー」は鮮やかで濃く、紫がかった青色が特徴の評価の高いサファイアです。
コーンフラワー(矢車草)の名を冠する「コーンフラワーブルー」は、柔らかい青色の輝きを特徴とし、最も美しいサファイアと称されています。幻のサファイアとも言われ、今ではほぼ流通することはありません。

ファンシーカラーサファイア
黄色は「イエロー・サファイア」、緑色は「グリーン・サファイア」、茶色は「ゴールデン・サファイア」、紫色は「パープル・サファイア」、無色であれば「ホワイトサファイア」と呼ばれています。

パパラチア・サファイア
ファンシーカラーサファイアの中でも、ゴールドとピンクが一体となったような色味のものは「パパラチア・サファイア」と呼ばれ、特に希少価値が高いとされています。


CATEGORYカテゴリから探す

FREE WORDフリーワード検索

フリーワード検索

キーワードを入力し用語検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。

How may We help you? CONTACT US

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから