GLOSSARY
  1. Top>
  2. ブライダルジュエリー用語集>
  3. デザイン>
  4. エタニティ

エタニティ (えたにてぃ)


「永遠」の意味を持つ、ゴージャスな輝きが魅力のエタニティ

エタニティとは、リングの外周に、小粒の石が途切れないように留められたデザインのジュエリーです。
指輪やブレスレットなど、円を象ったジュエリーを中心に、ネックレス、ピアス、イヤリングなどのアイテムにも用いられるデザインです。
その魅力はなんといっても、整然と並んだ宝石が放つ、どの角度から見ても変わらないゴージャスな輝き。
途切れることなく並ぶ宝石が「永遠の愛の象徴」に見立てられ、結婚指輪としての人気も非常に高いデザインです。

エタニティの購入スタイルは?

結婚指輪としてはもちろん、結婚記念日や子どもが産まれた記念として、永遠に変わらない愛情や出産に対しての感謝の気持ちが込められた、夫から妻に贈られるジュエリーです。
指輪を贈る人が多いですが、常につけていられるようにネックレスを贈る人もいます。
また、奥さまの好みやリクエストから、ピアスやイヤリングが贈られるということもあります。

エタニティの種類

フルエタニティ

リングの全周すべてに宝石を留めたデザインのことです。
単に「エタニティ」と言ったときは、通常こちらのタイプを指します。

ハーフエタニティ

リングの手の甲側、半周のみに宝石を留めたデザインのことを指します。
フルエタニティと比べると、宝石にかかる予算を抑えられる、着け心地がよい、サイズ直しが可能になるといったメリットがあります。
反面、着けているうちにリングが回らないよう気を付けておく必要があります。

エタニティの石の留め方

ティアラ

1本ので2個の石を留める共有という留め方で、「共有爪留め」とも呼ばれます。
地金の量が少なく存在感が気にならないのが特徴です。一方、他の留め方に比べて石が外れる可能性は高いです。
石が外れることを防ぐために爪を太くする方法もありますが、そうすると地金に存在感が出てしまうこともあります。

シュアリー

1つひとつの石を4本の爪で留めているため、「4爪留め」とも呼ばれます。
地金の量が共有爪留めより増えるため、見た目が気になる可能性もありますが、石を留める強度は増すので安心してつけることができます。
また、地金が太くなければ、見方によっては地金も装飾的な存在になります。

ディアー

左右の地金が石をレールではさむように留めているため、「レール留め」とも呼ばれます。
石を留める爪がなく、連なっている石の美しさが強調されるので、シンプル感の中にゴージャス感も楽しめます。
また左右が地金のレールになっているため、側面からの石への引っ掛かりもほとんど心配ありません。

スウィート

叩いたり圧力をかけたりして圧縮された地金が使われているため「特殊鍛造」とも呼ばれます。
石を留める爪も非常に強度のある仕上がりです。

エタニティの楽しみ方

重ね付け

シンプルな指輪との重ね付けが楽しみやすいです。また、華やかな場所に行く場合はソリティアタイプの指輪を合わせてもゴージャス感が出て素敵です。

他のアイテムとのコーディネート

同じエタニティタイプのアイテムでコーディネートすると、華やかさが増して気分も上がります。

また、同じ石が付いたシンプルなアイテムや、何もついていない地金のみのアイテムでのコーディネートであれば、スッキリとしたオシャレを楽しめます。

洋服とのコーディネート

ジュエリーの雰囲気と合わせるとコーディネートしやすいです。
例えば、ジュエリーのデザインがシンプルであればどんな洋服でも合わせやすいです。かわいいデザインなら、ジーンズスタイルにもガーリーな洋服にもマッチします。
コーディネートを楽しめるのも、ジュエリーを持った人の特権ですね。

エタニティの選び方

素材を選ぶときには?

使用されている地金の特徴を知り、選ぶことが大切。地金によっては変形や変色しやすいものがあるからです。
例えば白色が好みの場合、プラチナに比べて安価で、かつ変形もしにくいK18ホワイトゴールドを選ぶ人が少なくありません。また、ピンクゴールドは可愛らしく肌色になじみやすい色合いなので、女性から高い人気を集めています。しかし、どちらも変色しやすい地金です。
さらにピンクゴールドについては、硬くひびが入りやすいという特徴もあります。そのため、仮にサイズ直しや何らかの加工が必要な場合には細心の注意が必要です。
また、プラチナについては変色の心配はありませんが、軟らかい素材のため変形への注意が必要です。
このように、地金にはそれぞれ特徴があるので、購入店の店員さんに確認しながら素材を選ぶことをお勧めします。

予算についての注意点は?

可能であれば、少しオーバーできる予算を考えることも大切です。
留められている石がダイヤモンドの場合、グレードが高くなればなるほど輝きは増しますが、同時に価格も上がります。
もちろん価格も指輪選びの大切な指標ですが、そればかりとらわれてしまっては良いジュエリー選びはできません。また、留められている石が色石である場合も、石の種類によっては非常に高価な石もあるので、気に入った石と似たような色の石を代わりに購入する人もいます。
しかし、はじめに気に入った石が忘れられず、代わりの指輪に愛着を持てないこともあります。
予算は大事ですが、せっかくエタニティジュエリーを選ぶなら、後悔のない予算決めをお勧めします。

購入時期の注意点は?

オーダーであれば時間に余裕を持った購入をお勧めします。自分で考えていた出来上がりとは日程のズレがあるかもしれないためです。
オーダーの場合は通常、早くても2カ月は必要です。場合によっては3カ月程度かかることもあります。
また、サイズ直しをする場合も、すぐに持ち帰ることは難しいです。お渡し日を店員さんに確認して、購入時期を考えることが大切です。

商品選びで迷ったら?

つけた感触で選ぶことも大切です。特に指輪は幅や厚みがあるタイプなどさまざまで、見た目は良くても付けると違和感があることも少なくありません。
デザインも大切ですが、観賞用でない限り、実際につけて自分にしっくりくるタイプを選ぶことをお勧めします。

サイズ合わせの注意点は?

指輪に関しては、フルエタニティの場合は基本的にサイズ直しができません。そのため、購入前にお店でサイズ合わせをしっかりとしてもらうことが大切です。
指から外れやすいと紛失の可能性もありますし、「なくしそうだから」とせっかく購入したのにタンスの肥やしになりかねません。またサイズが小さければ、指に入らないということもあります。
このような悲しい結果を招かないためにも、購入時のサイズ合わせはしっかり行いましょう。

サイズが合わなくなったときには?

他の指にはめてみるか、チェーンを通してネックレスとして使用することをお勧めします。
指輪の場合は指のサイズが変わることもあるので、サイズ直しが難しいタイプであればつける指を変える、形を変えてネックレスにする、思い切って石のみを使用してリフォームするなど、の方法があります。

購入店の選び方

アフターケアをしっかりしてくれるか、ということを確認して選ぶ必要があります。
真摯に対応してくれそうかを吟味し、しっかりとアフターケアをしてくれるお店かどうかを観察して購入店を選ぶことをお勧めします。

どうしても派手に感じる場合は?

洋服やヘアスタイルをシンプルにしてつけてみることをお勧めします。
意外と自分が思うほど派手ではないことがよくあります。特に普段つけていなくて、同窓会やお食事会といったイベントでつけてみると華やかさが気になることもありますが、慣れると気にならなくなるはずです。
どうしても心配であれば、しばらく保管しておき年齢が重なったときに改めてつけると違和感がなくなっている可能性は高いです。


CATEGORYカテゴリから探す

FREE WORDフリーワード検索

フリーワード検索

キーワードを入力し用語検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。

How may We help you? CONTACT US

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから