GLOSSARY
  1. Top>
  2. ブライダルジュエリー用語集>
  3. 宝石>
  4. アメシスト

アメシスト (あめしすと、アメジスト、amethyst、紫水晶)


アメシストは愛を守る宝石

「愛の守護神」「真実の愛を守り抜く石」と呼ばれているアメシストは、美しい紫色をした宝石です。石言葉は高貴・誠実・心の平和。2月の誕生石として知られています。

アメシストの紫色は高貴な色と考えられており、日本では聖徳太子が身につけていた他、宗教的な儀式でも用いられてきました。

ギリシャ神話とアメシスト

アメシストの名前の由来は、ギリシャ神話に登場する少女だと考えられています。酒の神であるバッカスはお酒に酔った勢いで、アメシストという少女を猛獣の餌食にさせようとしました。それを見た月の神ディアナがアメシストを透明な水晶に変身させ、彼女を救いました。酔いから覚めたバッカスは自分の無礼を謝罪し、水晶になったアメシストにぶどう酒をかけたところ、その宝石が美しい紫の宝石に変わったという伝説があります。

そのため、西洋ではアメシストのグラスでワインを飲むと悪酔いをしないと言い伝えられています。

アメシストの産地

アメシストは水晶の仲間で、日本語では「紫水晶」と呼ばれています。光の具合によって輝きを変える「カラーチェンジアメシスト」という種類もあります。一般的には、深い紫色であるほど評価が高くなります。

アメシストの主な産地は、ブラジル、ウルグアイ、マダガスカルなどです。それぞれの産地によって、アメシストの色も異なります。

ブラジル
ブラジルでは黒っぽい紫のアメシストが多く採れます。「シトリン」を作る際に使われることが多いようです。

ウルグアイ
ウルグアイ産のアメシストは、深く濃い紫色をしています。宝石の中に「カラーバンド」と呼ばれる濃い紫の塊があるのが特徴です。

マダガスカル
マダガスカル産のアメシストは赤やすみれ色に近い紫色をしています。色が落ちやすい、傷が付きやすいなどの特徴があります。


CATEGORYカテゴリから探す

FREE WORDフリーワード検索

フリーワード検索

キーワードを入力し用語検索ボタンを押すと、該当する項目が一覧表示されます。

How may We help you? CONTACT US

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから

ご来店予約・資料のご請求・ご相談・お問い合わせはこちらから