婚約指輪・結婚指輪なら ジュエリーかまた
BLOG

ジュエリーかまたのブログ

  1. ジュエリーかまた HOME>
  2. ブログ>
  3. 自宅でできる結婚指輪の簡単お手入れ方法

自宅でできる結婚指輪の簡単お手入れ方法


img_zitakuoteire01
長い間つけていると気になってくるのが、結婚指輪のキズや変色です。
メンテナンスはしたいけど、お店までわざわざ持っていくのは面倒なものです。
ここでは、自宅で簡単にできる指輪のお手入れ方法をご紹介します。

目次
  1. まずは確認。素材ごとの特徴
    1. 1. プラチナ
    2. 2. ゴールド系
      1. ピンクゴールド
      2. ホワイトゴールド
      3. イエローゴールド
    3. 3. シルバー
  2. 素材ごとのお手入れ方法
    1. 1. プラチナ・ゴールド系
    2. 2. シルバー
    3. 3. エタニティリングやミル打ちの指輪の手入れ方
  3. 変わらない輝きを一生身につけたい

まずは確認。素材ごとの特徴

img_zitakuoteire02
はじめに、素材ごとの特徴を理解することが大事です。

1. プラチナ

日本人の約8割が選ぶといわれるのがプラチナです。産出量が少ないため希少性が高い素材です。塩素や硫黄と反応しないので変色が起きにくく、水仕事の多い主婦(夫)にはうれしい素材です。
そして、プラチナはもともとやわらかい金属です。パラジウムを加えることで硬さを出していますが、加工後も他の素材に比べると傷つきやすく、変形しやすいといわれます。重い荷物を持つときや硬いものを触るときに気をつけて下さい。

2. ゴールド

ゴールド系の指輪は、ピンクゴールド、ホワイトゴールド、イエローゴールドなどがあります。ゴールドもやわらかい素材なので、他の金属を混ぜることで強度を上げています。
分かりやすく説明すると、混ぜる金属によって色が変化します。例えば、銅ならピンクゴールド、パラジウムならホワイトゴールド、銀と銅ならイエローゴールドという風に色が変わります。

ピンクゴールド

肌なじみがよく、色がかわいいと女性に人気なのがピンクゴールドです。指輪のデザインをさりげなくお揃いにして、女性はピンクゴールド、男性は他の色を選ぶカップルも多いようです。
ピンクゴールドは銅の配合が多い金属ですので、何もしないと10円玉がさびてしまうように、ピンクゴールドの指輪も放っておくとさびてしまいます。できるだけ毎日柔らかい布で拭くようにして下さい。

ホワイトゴールド

もともとプラチナの代替品としてつくられたのがホワイトゴールドです。プラチナより安価で軽く、強度もありプラチナに劣らない魅力を持つ素材です。
ただ、長年使い続けると色が変わるのが難点です。これはホワイトゴールドの表面加工が剥がれることによるもので、表面のロジウムコーティング(白く見せるためのもの)が取れてしまうと地の金色が現れてしまいます。再度コーティングをしたい場合は2000円前後からできます。

イエローゴールド

欧米ではプラチナに代わって主流なのがイエローゴールドです。地の色がゴールドなので、表面加工がとれて色落ちしても目立たないのが特徴です。純金と似た色をしていますが、イエローゴールドは銀と銅が同量程度配合されるため、純金よりも黄色味が強くなります。

3. シルバー

プラチナやゴールドよりお値段を安く抑えられるのがシルバーの大きな魅力です。ファッションジュエリーとしても人気ですが、シルバー(銀)は塩素や硫黄に反応してすぐ黒ずんでしまうので要注意です。 洗い物をするときや温泉に入るときは指輪を外すようにしてください。

素材ごとのお手入れ方法

どの素材の指輪も毎日柔らかい布で拭くのが理想です。毎日マメに続けるのが難しい場合は、これからご紹介する方法を1力月に1回行えば十分です。
では、お手入れ方法を紹介いたします。
※紹介する方法は、効果を確実に保証するものではありません。実行する際は自己責任でお願いします。

1. プラチナ・ゴールド系

プラチナ・ゴールド系の指輪は中性洗剤やジュエルクリーナーで洗って下さい。プラチナ×イエローゴールドの指輪も同じ方法で大丈夫です。

<お手入れの手順>※中性洗剤の場合

  • 1.ぬるま湯をいれたボウルに中性洗剤を少し入れ、指輪をひたす
  • 2.しばらく経ったら、流水でよくすすぐ
  • 3.柔らかいタオルでぽんぽんと水分をふき取る
  • 4.仕上げに、メガネ用のクロスでやさしく磨く

中性洗剤は、家にある食器洗い洗剤やおしゃれ着用洗剤で大丈夫です。 ただし、仕上げの際にクロスでゴシゴシ磨かないように気をつけて下さい。傷がついてしまう恐れがあります。
また、ダイヤモンド以外の宝石(真珠、エメラルド、ターコイズなど)の指輪を中性洗剤で洗うのは絶対に避けて下さい。 宝石が傷む恐れがあります。

2. シルバー

一番手軽なのはシルバー磨きで磨く方法です。シルバー磨きは100円ショップやドラッグストア、ホームセンターなどで購入できます。

3. エタニティリングやミル打ちの指輪の手入れ方

img_zitakuoteire03
繊細なデザインのエタニティリングやミル打ちの指輪は、お店に持っていくのが一番です。自宅でクリーニングしたい場合は、中性洗剤やジュエルクリーナーを使ったつけ置き洗いがお勧めです(地金がプラチナかゴールドのものに限ります)。
「歯ブラシで細かな隙間を洗う」という方法もありますが、エタニティリングの場合、ダイヤの留め金がゆるむ恐れがあるのでお勧めはできません。ミル打ちの指輪も、クロスで強くこすると模様が取れてしまう可能性があるので注意して下さい。

変わらない輝きを一生身につけたい

せっかくの結婚指輪をタンスの肥やしにしてしまっては、もったいないです。定期的にお手入れをして、ジュエリーの輝きを長く楽しんで下さい。
ちなみに、指輪を購入すると、たいていのお店で無料のクリーニングをしてもらえます。指輪の輝きを保つために、一年に一度はお店でメンテナンスを受けておきたいところです。「結婚記念日に毎年行く」などとルールを決めておくといいかもしれません。

ジュエリーかまたでは、指輪のクリーニング、サイズ直しなどのアフターメンテナンスを行っております。お気軽にご相談ください。
ご購入ガイド|ジュエリーかまた