1. >
  2. >
  3. >

ドレスはレンタル?それともオーダー? メリットとデメリットを徹底比較!

公開日:
カテゴリー: ,,


結婚式を挙げることになったら、真っ先に考えるのが、ウェディングドレスのことかもしれません。
しかし、ウェディングドレスを用意することになって、レンタルにするか購入にするか悩んでいる人も多いはずです。
そこで、レンタルと購入のメリットとデメリット、それぞれ比較してご紹介します。
img_weddingdress01

目次
  1. ウェディングドレスをレンタルするメリット
  2. ウェディングドレスをレンタルするデメリット
  3. ウェディングドレスの購入メリット
  4. ウェディングドレスを買うデメリット
  5. ドレスを検討すべき時期
  6. 後悔のないドレス選びを

ウェディングドレスをレンタルするメリット

まず、ウェディングドレスをレンタルするメリットについてご紹介します。
レンタルの一番のメリットは、予算を抑えられるということです。やはりウェディングドレスは高額なものです。結婚式を挙げるためには、他にもお金がたくさんかかります。だからこそ、ウェディングドレスは節約したいと考える花嫁も多いようです。
レンタルであれば、種類もたくさんあるので、お色直しをたくさんしたい場合も大丈夫です。
また、ドレス選びの時間がない人は、短期で決められるレンタルが良いかもしれません。

ウェディングドレスをレンタルするデメリット

次に、ウェディングドレスをレンタルするデメリットです
まず、レンタルは基本的にサイズが限られています。そのため、一般的な体型以外の人は、丁度良いウェディングドレスがない可能性もあります。
また、式場によっては、その式場の提携ショップ以外からは持ち込み制限があったり、持ち込み料がかかる場合もあのますので注意をして下さい。あらかじめショップと式場両方から確認を取っておくことを忘れないで下さい。
そして何より、レンタルにすると着用したドレスが手元に残りません。一生の思い出になるウェディングドレスだからこそ、手元に残しておきたい方は、レンタルは不向きです。

ウェディングドレスの購入メリット

それでは、ウェディングドレスを購入する場合のメリットです。
ウェディングドレスを購入すると、自分にぴったりのサイズを作ることができます。さらに、サイズだけでなく、オリジナリティある自分らしいドレスを身につけることができます。
また、結婚式まで時間がある場合は、ウェディングドレスをオーダーメイドで購入してみても良いかもしれません。ドレスが出来上がるまでの過程も思い出になること間違いなしです。
また、ウェディングドレスが手元にあれば、将来妹や子供に着せることができます。このように、あらかじめ複数回着ることを念頭に置いていれば、そこまで高額な買い物ではないかもしれません。

ウェディングドレスを買うデメリット

では逆に、ウェディングドレスを購入時のデメリットです。
一番は、コストが高いと言うことがあります。ウェディングドレスを購入するとなると、オーダーメイドになる可能性が高いので、やはりレンタルに比べて費用がかかってしまいます。
また、オーダーメイドする場合は、制作に時間が掛かるというのもデメリットの一つです。オーダーメイドのドレスが欲しい方は、挙式までに時間の余裕をもって準備して下さい。
また、ウェディングドレスを購入すると、保管場所やクリーニングが必要になります。ウェディングドレスはどうしてもかさばりますし、ケアをしないと劣化してしまい、他の人に着てもらうこともできなくなってしまいます。

ドレスを検討すべき時期

レンタル、購入とも、ウエディングドレスは半年前には探し始めて下さい。
特にオーダーメイドする場合は、探し始める時期にはどんなデザインにしたいのかあらかじめイメージを固めておくことが大切です。オーダーメイドの場合、そのまますぐデザイナーさんと話し合い、作成に入るのが普通です。
レンタルの場合は、挙式3カ月前には「これが良い!」というお気に入りのウェディングドレスを決めておくと、小物選びも楽しい時間になります。
挙式1カ月前までには、レンタル、購入ともに小物を選べる状態だけにしておくことをお勧めします。

後悔のないドレス選びを

レンタルするにしても、購入するにしても、結婚式で着たウェディングドレスは一生の宝物で、思い出になること間違いなしです。
後悔のないように、両方のメリットとデメリットをしっかりと把握して決定して下さい。



関連記事

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >