1. >
  2. >
  3. >

好みは違うけどお揃いにしたい! 結婚指輪のアイディア

公開日:
カテゴリー: ,


性別も異なるから、好みが違って当たり前。
でも結婚指輪はやっぱりおそろいにするべきだろうし、どんなデザインにしようか悩む……というカップルは少なくありません。
しかし、結婚指輪は「おそろい」ではなくデザインの異なる指輪でも良いとされています。
好みが違う二人のために、異なるデザインでペア感を出す工夫を紹介します。
img_hutari01

目次
  1. 結婚指輪はおそろいじゃなくても良い
  2. ペア感を演出するアイディア

結婚指輪はおそろいじゃなくても良い

「パートナーと全く指輪の好みが合わない!」という悩みを抱えている人は実はたくさんいます。
しかし、結婚指輪はおそろいのペアリングでなくてはいけないという決まりはありません。
確かに、ブランドで売られているものは、デザインの同じペアリングが多いです。
とはいえ中には女性の指輪だけ派手なデザインになっていたり、男性の指輪は男らしい形にアレンジされていたりすることもあります。

大切なのは、「結婚の記念」として何かしらのアイテムを持つこと。
決して「同じデザインの指輪を持つこと」ではありません。
そもそも、男性と女性の結婚指輪を一緒に見比べること自体あまりありません。
ですから、お互いが納得していれば、結婚指輪は必ずしもお揃いのデザインでなくても問題ありません。

最近は、オーダーメイドなどで別々のデザインを選ぶことも増えています。
オーダーメイドで指輪を作れば、刻印やデザインなどの自由度も高いので、それぞれのカップルの好みに作ることができます。
また、同ブランドでデザイン違いの指輪を選ぶ、もしくは、ブランド違いで持つのも良いとされています。

せっかくの結婚指輪。これからずっと身につける可能性があるからこそ、お互いの趣味に合った指輪を選びたいと思いませんか。
二人が納得できるよう、きちんと話し合いをするのが大切です。

ペア感を演出するアイディア

それでは、ペアリングではなくても、ペア感を演出するにはどうしたら良いのでしょうか?
同じデザインの指輪を選ばないカップルの中で最も人気なのは、指輪に同じ刻印をするというものです。
記念日やメッセージ、二つの指輪をくっつけるとハートマークや文字になるなど刻印の内容はさまざまです。

また、おおまかなデザインは異なっていても、同じ素材や石を用いれば、ペアっぽい雰囲気を演出することができます。
リングの内側に、メレダイヤや誕生石をこっそり埋め込む、なんていう方法もあります。
しかし、ブランドによって、刻印の文字数や埋め込める石など制限がある場合もあるので、あらかじめきちんと確認しておきましょう。

なかには指輪の好みが合わないだけでなく、結婚指輪自体「いらない!」と考えている人もいるようです。
そもそも指輪が苦手、不要だと考えている場合は、結婚指輪を購入しないこともあります。
これも、二人が「結婚指輪はなくても良い」と納得しているならば問題ありません。
こうしたカップルは、結婚指輪の代わりに、腕時計やアクセサリーを身につけることが多いそうです。

二人で納得したものを作ろう

いかがでしたでしょうか? 結婚指輪には、明確な決まりがありません。
確かにペアリングを持つのが主流ではありますが、そうでなくても問題ありません。

大切なのは、同じデザインにするにしろ、違うデザインにするにしろ、お互いがきちんと納得していることです。
それぞれが良い形の結婚指輪を作ることができれば、どんなデザインのものでも問題ありません。



関連記事

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >