1. >
  2. >
  3. >

憧れの海外ウェディング! 気になる費用や注意点は

公開日:
カテゴリー: ,,


晴れ渡る青空に白くどこまでも広がるビーチを背景に、家族に囲まれて輝くばかりの笑顔の新郎新婦。華やかさと開放感があり非日常を味わえる海外ウェディングは、結婚する二人にとって格別の思い出になりそうです。
そんな憧れの海外リゾートでの挙式には、どんな特徴があるのでしょうか?
img_chapel01

目次
  1. 実はそこまで高くない? 海外ウェディングの費用
  2. これはちょっと気を付けたい……海外ならではの注意点
  3. 美しい景色の中で、素敵なウェディングを

実はそこまで高くない? 海外ウェディングの費用

挙式に加えて旅費、宿泊費も必要。高額になりそうなイメージがありますが、海外ウェディングは約100万円から開くことが出来ます。国内で挙式・披露宴の費用の平均が約350万円ですから、実は海外リゾートのほうが挑戦しやすいのかもしれません。
挙式の基本的なプランは30~40万円ほどが主流のようです。衣装のアップグレード、アルバム代、挙式後のパーティなどはオプションでそれぞれ10~20万円ほどとなっています。ゲストは家族、親しい友人など6~8人が一般的。人数が増えると一人あたり数万円の追加料金となることが多いようです。
国内の結婚式ではゲストの交通費を「お車代」として負担しますが、海外ウェディングではゲストに旅費を負担してもらうことも。少人数で海外の挙式ですから、親しい間柄の友人が積極的にかけつけてくれた、というケースがほとんど。このような場合はご祝儀を辞退するのがマナーです。

旅費の割合は高め

友人のゲストは交通費を負担してもらうことも多いですが、家族の旅費や宿泊代は新郎新婦側が一部または全部支出するようです。両親には一緒に観光旅行のプレゼントをする場合も。また旅行会社のパックで渡航や宿泊の手配を頼むと、親族を同じホテル・同フロアにできたり、会場までの送迎もセットに出来たりします。ゲストの旅費負担は70万円ほどになるとみていいでしょう。
新郎新婦の旅費負担は、60万円前後。行き先の物価によっても変わってきます。もし現地での支払いがある場合は、円で払うかその国の通貨にするか、調べる価値はありそうです。人気のリゾート地でも、グアムやアジアでは比較的安くなります。
旅費の負担は少ないとは言えませんが、挙式後そのまま新婚旅行に行けるのは海外ウェディングの魅力。まとまった休みを取ってしっかり準備すれば、挙式も旅行もスムーズに楽しめそうですね。

これはちょっと気を付けたい……海外ならではの注意点

意外と値が張らず、旅行も一緒にできて若い二人にも手が届きそうな海外の挙式。盛大な披露宴と比べて経済面の苦労は減りますが、海外ならではの困りごともあります。準備の段階でしっかり確認しておけると良いですね。

会場の下見ができないゆえの「写真と違う」

海外の会場では、国内のように式場見学や、ブライダルフェア参加といった下見ができません。頼りになるのは事前の情報です。代理店などで見る写真はどれも魅力的なはずですが、背景の明るさや被写体の切り取り方で、実際より「盛れる」ものです。人気会場でなければ、担当者に設備を確認する、グーグルマップを使い外観や駅からのルートを探るなど、現実とかけ離れていないかチェックするのが無難です。

当日の天候は、晴れとは限らない

ハワイやグアムは真っ青な空のイメージですが、もちろん必ず晴れているわけではありません。閑散期や平日は料金が安いなど長所もありますが、雨季やスコールの多い時期、台風が発生する時期に重ならないようにしましょう。暴風雨ではウェディングドレスどころではなくなってしまいます。

イメージと違うことも! ドレスやヘアメイク

ドレスは持ち込みか、日本で予約をして現地で同じものを借りるかなど、プランによって異なります。持ち込みで追加料金が発生する場合もありますのでよく確認しましょう。
借りられるドレスに満足いかなかったり、申し込みが遅れると現地で少ないドレスの中からしか選べなかったり。式場や貸衣装屋さんと直接打ち合わせできないだけに、早めにドレスを確保しておく必要があります。
また、海外では日本とヘアメイクのイメージが違うことがあるようです。日本からスタッフが同行したり、式の参加者にやってもらう場合は心配ありませんが、現地で「思ったよりメイクが濃かった」という後悔もちらほら……。メイクや髪型の希望は、強めに主張しておいて損はなさそうです。

おまけ

トラブルで困るほどではなさそうですが、やはり英語には少し慣れていた方が良いでしょう。 海外ウェディングには日本語ができるスタッフが同行しますが、式自体は英語で進行するようです。(ハプニングが起きたら、もちろん英語が出来るに越したことはありません。)とにかく式の間「ぽかーん」としていてはもったいないので、結婚式やパーティの場面でよく出るフレーズは予習しちゃいましょう。 

美しい景色の中で、素敵なウェディングを

憧れの海外リゾートでのウェディングには、国内とは違った良さと注意点がありますよね。「高級なイメージがあったけど、意外と行きやすいのかも」と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。一生に一度のウェディング、他にはない綺麗な景色の海外も、考えてみてくださいね。



関連記事

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >