string(3) "all"
ゲストの婚礼マナー 女性の服装編|ジュエリーかまたの結婚指輪・結婚情報ブログ
婚約指輪・結婚指輪なら ジュエリーかまた
BLOG

ジュエリーかまたのブログ

  1. >
  2. >

ゲストの婚礼マナー 女性の服装編


img_dress01

はじめての結婚式へのお呼ばれ。そんなとき、一体どんな服を着ていけば良いか、悩んでしまいます。
実は結婚式には、してはいけない服装や髪型がたくさんあります。
結婚式へお呼ばれしたときの服装マナーについて詳しくご紹介します。

目次
  1. アクセサリー
  2. 小物(靴/バッグなど)

婚式へゲストとしてお呼ばれした時、多くの女性が身につけているのは、ワンピース。
中には着物やパンツスタイルで参加する人もいるようですが、基本はフォーマルなパーティードレスタイプのワンピースが無難です。
しかしパーティードレスのワンピースでも、結婚式にはふさわしくないドレスが存在します。

まず、一番気をつけるべき点は、カラーです。白系ドレスは御法度です。白の衣装というのは、結婚式においては花嫁の特権です。
真っ白だけでなく、クリーム色、薄いピンク色なども白に見えてしまう可能性があるので注意が必要です。濃い色のボレロ、靴、バッグなどと合わせて、全身すべて白系になるのを避けましょう。

また、同じように黒も縁起がよくない色とされているため、黒いドレスもあまりよくありません。「全身白系」と同じように、「全身黒系」にならないようにアレンジしましょう。
これも白系ドレスの時と同じように、ボレロ、バッグ、靴を明るめの色にすれば問題ありません。

また、肩出し、ミニスカートなど露出の多いドレスは避けてください。夜の二次会、披露宴などでは大丈夫ですが、昼間はボレロなどを羽織り、露出を抑えましょう。
毛皮やヘビ、ワニなどのアニマル柄も「殺生」をイメージさせるため、良くないとされています。

また、できるだけ花嫁のカラードレスと色が被らないように気をつけると良いでしょう。
あらかじめ確認しておくと、自分も花嫁も気持ちの良い結婚式を過ごせます。

おすすめは華やかなアップスタイルです。「きちんとしている感」があり、だらしなさを感じないのでぴったりです。
ハーフアップでも良いですが、アップスタイルの方が、フォーマル感があって良いとされています。

ダウンスタイルはセットされていないように感じるゲストも多いため、できるだけ避けた方が良いです。
ダウンスタイルにする際は、自分で、もしくは美容院できちんとセットしましょう。

また、アップスタイルといっても、派手すぎるものはよろしくありません。
ヘアアクサセリーも同様で、大きなコサージュや、ティアラのようにキラキラしたものは避け、花嫁より目立たないように配慮します。

また、服装の場合と同じように、ファーのヘアアクセサリーも避けるべきです。
できるだけパーティードレスと統一感をもたせた、控えめで美しいヘアアクセサリーを選びましょう。

アクセサリー

アクセサリーにも十分に気を使う必要があります。
上品で華やかなイメージを持たせることができるパールのアクセサリーが結婚式のお呼ばれスタイルにはぴったりです。
きらきら光る派手なアクセサリーはできるだけ避けましょう。
ただし、夜の結婚式の場合は光り物のアクセサリーが許される場合もあります。

また、本物ではないイミテーションのアクセサリーはつけていて問題はありませんが、人によっては嫌がる可能性もあるので注意が必要です。
自分が行く結婚式の時間帯や、出席者の年代などに合わせてアクセサリーを選ぶと良いでしょう。

小物(靴/バッグなど)

ついつい見落としがちな靴やバッグなど小物にもマナーがあるので注意します。
バッグに関しては、ワニやヘビの革製品は避けましょう。「殺生」を連想させるため、結婚式にはそぐいません。
また、大きすぎるバッグも避けましょう。靴や服装にあった小ぶりなバッグを選びます。

特に靴は要注意。おすすめはヒールの低い、露出の少ないパンプスです。つま先やかかとの出るミュールなどはよくありません。
ドレス同様足元もできるだけ露出を避けます。ただし、露出を避けているからとはいえ、カジュアル感のあるブーツも結婚式で履いてはいけません。
また、ストッキングも忘れずに履きましょう。網タイツや素足、黒タイツはフォーマルな場面では適していません。

マナーを守って参加しよう

結婚式にお呼ばれした際の服装のスタイルには、様々な決まりごとがあります。

「暗黙の了解」のような気を使うことが多いのは事実です。しかし、そのマナーを守って綺麗にドレスアップして結婚式に向かえば、楽しい結婚式になること間違いなしです。