string(3) "all"
結婚式にベストな「お日柄」っていつ?|ジュエリーかまたの結婚指輪・結婚情報ブログ
婚約指輪・結婚指輪なら ジュエリーかまた
BLOG

ジュエリーかまたのブログ

  1. >
  2. >

結婚式にベストな「お日柄」っていつ?


img_ohigara01

「本日はお日柄もよく……」という言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、この「お日柄」とは一体どういう意味なのでしょうか。 
「お日柄」は、吉凶を判断する「六曜」という6つの日を指す言葉です。挙式するなら、なるべく縁起の良い日を選びたいと思っている方は少なくないでしょう。
そこで、今回は「六曜」の種類と意味、結婚式に最適な「お日柄」をご紹介します。

目次
  1. 「六曜(六輝)」とは
  2. 入籍や結婚式におすすめの日は「大安」
  3. 「六曜」はカップル次第

「六曜(六輝)」とは

「六曜」とは、吉凶で6つに分けられた暦のことです。「六輝」と言うこともあります。起源は中国にあると言われていますが、明確ではありません。結婚式などのスピーチで、「お日柄もよく」と言う場合のお日柄というのはこの「六曜」を指すことが多いです。
六曜には「先勝」、「友引」、「先負」、「仏滅」、「大安」、「赤口」の6種類があり、この順番で日柄が繰り返されます。それでは、この6種類の意味をご覧下さい。

「赤口」とは

赤口は、「せきぐち」「しゃっこう」と読みます。赤口は全体的に不吉な日だと言われており、結婚式などの祝い事はこの日を避けるようにするのが一般的。ただし、11時から13時の間だけは運勢が吉に変わります。通常の場合では、この時間帯に大切な用事を済ませると良いでしょう。
また、「赤」という字は火や血を連想させます。火を使ったり刃物を扱ったりする際には気をつけましょう。

「先負」とは

先負は、「さきまけ」「せんぷ」「せんぶ」と読みます。先負は名前の通り、「先んずれば負ける」ことを意味します。午前中は凶、午後は吉になるため、勝負事や大事な決断は午後に行うと良いです。先負の日は、何事も急がず平静に過ごすのが安全です。

「先勝」とは

先勝は、「さきかち」「せんしょう」「せんかち」と読みます。先勝は先負とは逆で、午前は吉、午後は凶とされる日です。先勝の日は何事も急いで行った方が良いとされています。結婚式に関しては、午前中に式を開始すれば問題ないと言われています。ただし、午後2時から6時までは凶が続くので気をつけましょう。

「大安」とは

大安は、「たいあん」と読みます。大安の意味は「大いに安し」。「六曜」の中で最も日柄の良い日とされています。一日中ずっと吉で、何を行っても運が良い日です。大切な用事は大安の日に行うの最適です。 特に結婚式などの祝儀を行う日には、大安が最も適していると言われています。

「友引」とは

友引は「ともびき」と読みます。勝負事は全て引き分けになる日で、波風の立たない穏やかな日です。結婚式などの祝儀を行う日にも適していると言われています。朝晩は吉が続きますが、正午のみ凶となるため、大事な用事が正午と被らないように注意しましょう。
また、友引には「凶事に友を引く」という意味があり、「友を(冥土に)連れて行く」ことを連想させます。最近では友引を気にせず葬儀を行う方も増えていますが、かつては友引の日にお葬式を行わないのが一般的でした。

「仏滅」とは

仏滅は、「ぶつめつ」と読みます。
仏滅は、大安とは逆に終日凶とされる日で、「仏も滅するような大凶日」という意味があります。何をするにも良くないとされています。結婚式などの祝儀は仏滅を避けるのが一般的です。ただし、近年は「六曜」を気にしないカップルが増えている背景もあってか、仏滅の日は式料金が安くなる「仏滅割引」を設けている式場もあるそうです。

入籍や結婚式におすすめの日は「大安」

ここまで「六曜」のそれぞれの意味を見てきましたが、結婚式に最適な日はいつなのでしょうか。 それは大安です。大安は一日中「吉」が続く日であり、結婚式のようなおめでたい日にはうってつけの日だと言われています。実際、多くのカップルが大安、もしくは友引を結婚式の日に選んでいるようです。

「六曜」はカップル次第

挙式する際は縁起の良い日を選びたいもの。しかし、
「必ず結婚式を挙げたい日があるけれど、その日が仏滅だった」
という場合もあるようで、そのときは「六曜」よりも二人の都合が合う日を優先するカップルもいます。
何より大切なのは二人が幸せに式を挙げられること。ですから、「六曜」を気にするかどうかはカップル次第だと言えます。周囲の意見を参考にしつつ、二人で納得のいく日程に決められると良いと思います。