string(3) "all"
どう見るの? ダイヤモンド鑑定書【完全マニュアル】|ジュエリーかまたの結婚指輪・結婚情報ブログ
婚約指輪・結婚指輪なら ジュエリーかまた
BLOG

ジュエリーかまたのブログ

  1. >
  2. >

どう見るの? ダイヤモンド鑑定書【完全マニュアル】


img_diamond02

目次
  1. はじめに
  2. ダイヤモンドの4Cとは?
  3. 鑑定書とは?
    1. 鑑定書・鑑別書・保証書(証明書)の違いとは?
    2. 鑑定書の発行機関
      1. 世界的な発行機関
        1. GIA(Gemological Institute of America)
        2. HRD(Hoge Raad voor Diamont)
        3. EGL(European Gemological Laboratory)
      2. 日本の発行機関
        1. 中央宝石研究所
        2. GIAジャパン
    3. 鑑定書の主な項目の見方
      1. 形状とカット(Shape and Cutting Style)
      2. 寸法(Measurements)
      3. カラット(Carat Weight)
      4. カラー(Color Grade)
      5. 透明度(Clarity Grade)
      6. カットの等級(Cut Grade)
      7. 研磨状態(Polish)
      8. 対称性(Symmetry)
      9. 蛍光性(Fluorescence)
  4. 色の等級
    1. タイプ1
      1. Ⅰa型
      2. Ⅰb型
    2. タイプ2
      1. Ⅱa型
      2. Ⅱb型
    3. 色起源
  5. 蛍光性
    1. 蛍光性とは
    2. 蛍光性と価格の関係
  6. プロット
  7. さいごに

はじめに

ダイヤモンドの商品を購入すれば付いてくる「鑑定書」。どこに何が書いてあるのか分からない、と感じる人は多いのではないでしょうか。これからダイヤモンドを購入される方は、さまざまな商品を目の前にしたら、何を基準にして選べばいいのか、悩むかもしれません。
ここでは、用語を説明しながら、鑑定書の見方をご紹介します。見方が分かれば、誰でも簡単にダイヤモンドの良し悪しや、価値を知ることができます。

ダイヤモンドの4Cとは?

img_dia4c01
4Cとは、ダイヤモンドの品質を評価する国際基準のことです。GIA(米国宝石学会)の品質評価の国際基準に基づき、Carat(重量)、Clarity(透明度)、Color(色)、Cut(研磨)の4つの要素で評価されています。
詳しくは「鑑定書の主な項目の見方」「色起源」で紹介します。

鑑定書とは?

img_kanteisho01

鑑定書・鑑別書・保証書(証明書)の違いとは?

鑑定書とは、4Cに基づいてダイヤモンドをグレード分けした結果を記したものです。グレーディング・レポートとも呼ばれます。
鑑別書とは、宝石を科学的に検査し、天然か否か、処理がなされているかを記載したものです。鑑定書は主にダイヤモンドしか発行されませんが、鑑別書はダイヤモンド以外の宝石でも発行が可能です。
保証書は、あくまで販売店側の商品に対する保証を表します。宝石そのものの価値を保証するものではないため、注意が必要です。

鑑定書の発行機関

ダイヤモンドの鑑定書は、専門的な知識と経験がなければ発行できません。しかし、鑑定書は公的な機関でなくても発行できます。そのため、信頼できる発行機関の鑑定書であることが重要です。ここでは、信頼できる鑑定機関を紹介します。

世界的な発行機関

GIA(Gemological Institute of America)

GIAはアメリカを中心に、広くダイヤモンドの鑑定を行っています。ダイヤモンド鑑定基準の4Cを考案した機関としても有名です。
評価機関としても名高く、GIAの厳しい試験に合格した鑑定士にはGIA-GG(Graduated Gemologist)という、宝石学のスペシャリストを表す称号が与えられます。このGIA-GGは、世界中で活躍している多くの鑑定士が持つ称号です。

HRD(Hoge Raad voor Diamont)

HRDは、ベルギーを拠点に、4箇所のダイヤモンド取引所を総括する鑑定機関です。他の機関よりも詳細な鑑定項目を持ちます。

EGL(European Gemological Laboratory)

EGLは、色つきダイヤモンドの研究が最も進んでいる鑑定機関です。

日本の発行機関

中央宝石研究所

国内最大規模の鑑定機関で、HRDと提携しています。国内で流通する大半のダイヤモンドが、中央宝石研究所により品質分析されています。

GIAジャパン

GIAジャパンは、GIAの日本支部に当たります。厳正中立の立場にあるため、社会に貢献する鑑定機関として定評があります。

鑑定書の主な項目の見方

ここでは、ダイヤモンド鑑定書の主な項目の見方を紹介します。ただし、中には鑑定機関独自の評価項目もあるため、ここで紹介がない項目は、鑑定機関に問い合わせるか、ホームページなどで確認してください。

形状とカット(Shape and Cutting Style)

ダイヤモンドの形状と、カットのパターンが記載されています。ダイヤモンドは原石の特徴に合わせて、さまざまな形状にカットされます。ラウンド・ブリリアント、マーキーズ、オーバルなどが有名なカットの形状です。それぞれ全く異なった形状なので、好みに合わせて選ぶことができます。
唯一4Cの中で、人間の技術に委ねられている項目でもあります。

寸法(Measurements)

寸法が記載されている項目で、ダイヤモンドの最小値と最大値、深さを表しています。
ダイヤモンドはカラットごとに、必要な直径の寸法があります。例えば1.0カラットであれば、6.52ミリが標準の直径寸法です。この寸法が満たされていなければ、同じカラット数でも価値が下がってしまいます。

カラット(Carat Weight)

ダイヤモンドの重量が記載されています。カラット数が上がると、サイズも大きくなります。重量は他の評価項目と比べても分かりやすく、どれぐらい価値があるのか判別しやすいといえます。例えば、世界基準で1カラットは0.2グラムです。とても小さい単位という印象を持つかもしれませんが、ダイヤモンドは0.01グラムの違いによっても見栄えが変わってきます。また2カラットのダイヤモンドは、産出量が少ないため、1カラットの3倍から4倍の価値があるといわれています。

カラー(Color Grade)

ダイヤモンドは内包物の数、大きさ、色、場所で透明度が変わります。
グレードの高い順からフローレス(FL)、インターナリーフローレス(IF)、ベリーベリースライトリーインクルーテッド(VVS1およびVVS2)、ベリースライトリーインクルーテッド(VS1およびVS2)、スライトリーインクルーテッド(SI1およびSI2)、インクルーテッド(I1、I2およびI3)と分けられています。
ダイヤモンドの色味を表す項目です。無色透明のダイヤモンドは価値が高いとされていますが、黄色みを帯びているものもあります。
評価の分類は、アルファベットのDからZまであります。無色透明なものを「D」とし、「Z」は黄色を表します。詳しくは「色の等級」で紹介します。
img_diacolor01

透明度(Clarity Grade)

内包物(インクルージョン)や表面の傷(ブレミッシュ)が無いかを、11段階で評価した項目です。ダイヤモンドには傷や、肉眼では確認できない微細な内包物が含まれる場合があります。その内包物の数や大きさ、色や場所で透明度が変わります。
img_diaclear

カットの等級(Cut Grade)※ラウンド・ブリリアントカットのみの項目です

カットの等級は、形(プロポーション)と仕上げ(フィニッシュ)を基準に評価されます。プロポーションは、カットの正しい形状を表します。テーブルの大きさ、パビリオンの深さなどを、特殊な器械で測定します。フィニッシュは、研磨した面のシンメトリー(対称性)、ポリッシュ(研磨の良し悪し)などを評価します。
評価は5段階で、評価の高い順にEXCELLENT(エクセレント)、VERY GOOD(ベリーグッド)、GOOD(グッド)、FAIR(フェアー)、POOR(プアー)となります。

研磨状態(Polish)

ダイヤモンドの表面の滑らかさを表す項目です。カットの等級と同様に、エクセレントからプアーの5段階で評価がされます。

対称性(Symmetry)

面の位置・バランスの仕上げの状態を示しています。バランスの取れたダイヤモンドは美しいとされ、エクセレントからプアーの5段階で評価がされています。

蛍光性(Fluorescence)

ダイヤモンドに紫外線が当たると青や黄色などの蛍光を発します。その蛍光の色味や強さを記載した項目です。ただし蛍光性は、ダイヤモンドの品質とは無関係の項目で、カラーのグレーディングに影響を与えることも、ほとんどないといえます。詳しくは「蛍光性」で紹介します。

色の等級

ダイヤモンドのカラーは、窒素を含むタイプ1と、窒素を含まないタイプ2の2つに分けられます。さらに、それぞれが2種類(a,b)に分けられ、合計4つに分類されます。ここでは4つの分類について紹介します。

タイプ1

Ⅰa型

無色から黄色系の天然ダイヤモンドのほとんどが、これにあたります。グレーイッシュブルーや、カメレオンダイヤモンドはこのタイプに属します。アーガイル鉱山で採れる、濃いピンクのダイヤモンドもこのタイプです。

Ⅰb型

濃い黄色系のダイヤモンドなどが該当します。黄色や褐色の合成ダイヤモンドはこのタイプです。

タイプ2

Ⅱa型

無色、褐色、ピンクが存在し、大粒の淡いピンクはこのタイプに属します。また、色の改良が可能なタイプです。無色の合成石もこのタイプに該当するといわれています。

Ⅱb型

ファンシーブルーのダイヤモンドが属するタイプとして有名です。希少性が非常に高く、Ⅱ型の約0.01%といわれています。

色起源

色起源は、ダイヤモンドの色が天然か人為的着色かを表しています。ダイヤモンドは、特に無色透明のものに価値があるといわれています。しかし、イエローや褐色のものが多いのも事実。色味がかかったものでも、色の種類によって価値が変わります。例えばイエローのものは価値が低く、ピンクやブルーのものは価値が高いといわれています。

蛍光性

蛍光性とは

天然のダイヤモンドの中には、紫外線やX線などの特殊な光が当たると、さまざまな蛍光を発するものが存在します。この蛍光は天然ダイヤモンドの証ともいわれています。この蛍光性の度合いによって、ノン(無し)、フェイント(弱い)、ミディアム(中)、ストロング(鮮やか)、ベリーストロング(かなり鮮やか) に分けられます。

蛍光性と価格の関係

蛍光性は、国ごとの需要と供給によって価値が変わります。アメリカでは、蛍光性は全く重視されていません。それに対しヨーロッパでは、ストロングやベリーストロングといった強い蛍光性は、好まれない傾向にあります。日本国内では、ノン・フェイント・ミディアムは価格に影響がありません。しかしストロング・ベリーストロングは価格が極端に下がる傾向にあります。

プロット

クラリティの項目に関わるもので、内包物が図式で表されているのがプロットです。ダイヤモンドの傷の位置や、傷のできた状況で色分けされています。表面の傷は緑、内部の傷は赤、カット時にできた傷であれば黒、という意味付けです。

さいごに

既にダイヤモンドの鑑定書が手元にある方は、ぜひここで紹介した内容と照らし合わせてみてください。また、これから購入しようと思っている方も、ダイヤモンドを選ぶときの参考にしてみてはいかがでしょうか。
4Cのグレードを組み合わせて、世界でたったひとつのダイヤモンドを手に入れてください。